Month

December 2016

今年もありがとうございました!!

こんにちは 名古屋東急ホテルウエディングブログをご覧いただき 誠にありがとうございます ウエディングプランナーの宮下です   いよいよ2016年ラスト1日ですね 皆様、どのようにお過ごしでしょうか? 私達ウエディングプランナーは 毎日お客様をおもてなしする ブライダルサロンの大掃除を行いました~ ふだん掃除できないところまでピッカピカになりました 来年も清潔感のあるサロンでお待ちしています   それでは、今年の締めということで 宴会支配人 野口裕康よりご挨拶させていただきます 『今年1年間も大変お世話になりました。 2016年も おふたりの大切な結婚式のお手伝いを 名古屋東急ホテルでできた事を大変光栄に思います。 2017年も 感謝の心を忘れず スタッフ一同 結婚式に一生懸命取り組んでまいります。 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。』  ...
Continue Reading

イチオシ!!年末年始限定フェア♪

みなさん、こんにちは   いつも名古屋東急ホテルウエディングブログを ご覧いただき、誠にありがとうございます。 プランナーの和久田でございます。   今年は早くも後3日!! みなさん、年末年始のご予定はいかがでしょうか。 私は、実家に帰ってのんびりしようと考えております 東急ホテルでは 12月28日・29日&1月3~6日 に 年末年始限定のブライダルフェアを行います♪   【年末限定】【年始限定】 会場見学&ウエディング相談会 ウエディングプランナーが名古屋東急ホテルの魅力を詳しくご紹介!! お2人のご希望を叶えるウエディングパーティーをご提案!! 帰省中のカップルもご安心いただける じっくりとしたご相談会 でございます   年末年始はぜひ!...
Continue Reading

白銀の中央アルプス千畳敷カールでスノーシュー体験

白銀の中央アルプス千畳敷カールでスノーシュー体験 標高2612mのスノーワールド!白銀の千畳敷カールをスノーシューで散策しませんか?南アルプスの3,000m級の山々や冠雪の富士山を一望できる最高のパノラマ、樹氷やシュカブラなど、この季節にしか出会えない特別な体験が待っています♪スノーシュー初めてという方向けのツアーです。スノーシューのはき方、歩き方から楽しみ方まで分かりやすくレクチャーします。   スノーシュー体験の詳細内容はアルプスぼうけん組楽部HPへ!!●お問い合わせアルプスぼうけん組楽部TEL 0265-59-8881 そして・・・千畳敷でのスノーシューを楽しむなら、ぜひこのプランをご利用ください! 【選べる千畳敷カール日帰りプラン】 ●料金通常料金(大人)5,810円→4,100円(小人)3,250円→2,400円 ●内容路線バス+ロープウェイ+ホテル千畳敷レストランでの昼食(お好きなメニュー1品)orお土産のセット+こぶしの湯入浴引券 ●ご利用方法専用ページから申込書をダウンロード後、必要事項をご記入の上、菅の台バスセンターまたはしらび平駅出札窓口へご提出いただき、ご精算ください。専用ページはコチラ!! ●お問い合わせ中央アルプス観光株式会社TEL 0265-83-3107 ※ホテル千畳敷でスノーシューのみの貸出は行っておりません。 スノーシュー体験ツアーに関するお問い合わせはアルプスぼうけん組楽部(TEL:0265-59-8881)までお電話ください プラン一覧はこちら

名古屋東急ホテルのクリスマス☆*。・

こんにちは   名古屋東急ホテルウエディングブログをご覧いただき 誠にありがとうございます ウエディングプランナーの宮下です   ブログをご覧の皆様に・・・ Merry X‘mas これからお出かけの予定がある方にも おうちでクリスマスを過ごす方にも 名古屋東急ホテルのクリスマス の様子をお届けします♪   まずは ブライダルサロン 受付で、ツリーとサンタさんがお出迎え さらに中に進むと・・・ ホワイトクリスマスをテーマにした テーブルコーディネートが   続いて ロビー 1階~4階までで、合計4つのツリーが...
Continue Reading

イチオシ!!クリスマス限定フェア♪

みなさん、こんにちは   いつも名古屋東急ホテルウエディングブログを ご覧いただき、誠にありがとうございます。 プランナーの和久田でございます。   今週末は、いよいよ待ちに待ったクリスマス ホテルがある栄の街も、 イルミネーションがキラキラ してとても綺麗でございます。 名古屋東急ホテルでも、 クリスマス限定の特別なフェア を行います♪   12/23、24、25(3日間) 【クリスマス限定フェア】 ラグジュアリー特典×コース試食 気になる内容は・・・!?   開業30周年記念SPメニュー試食 世界各国のVIPのために365日腕を振るうグランシェフが 開業30周年を記念して考案した...
Continue Reading

セントレジスバンコク 客室 グランドデラックスルーム 2016年

SQ974便に乗ってシンガポールからタイ・バンコクにやってきました。 3泊4日のバンコクトリップは中心地サイアムから1駅のラチャダムリ駅に直結するセントレジス・バンコクに泊りました。設備もサービスも良い、そして宿泊料金も安め(1泊3万円未満)の素敵なホテルでした。 この記事では、サイアムエリアにあるスターウッド系の高級ホテル、セントレジス・バンコクの客室の様子を中心に紹介します。 セントレジス・バンコクの概要と料金 セントレジスは、ウェスティンやシェラトン、ラグジュアリーコレクションなどを手掛けるスターウッドグループの最高級ブランドです。最大の特徴は「バトラー」という訓練された執事が、荷ほどきや荷造り、靴磨き、客室までのコーヒーや紅茶のお届けなど、あらゆることを24時間態勢でサポートしてくれるバトラーサービスです。 日本では、2010年に大阪本町にセントジレス大阪がオープンし、東南アジアにおいては2008年にシンガポールのオーチャードエリアにセントジレスシンガポールが東南アジア最初のセントレジスとして開業しました。タイ・バンコクでは、シンガポールに遅れること3年、2011年にバンコクの中心地サイアムエリアにオープンしました。インテリア、設備・サービスいずれも好評のようで、2016年のフォーブス・トラベルガイドでは4つ星を獲得しています。 大阪とシンガポールのセントレジスの様子は下の記事をお読みください。・ セントレジス大阪 グランドデラックスルーム 2015年11月・ セントレジスシンガポール客室 グランドデラックスルーム 2016年 ホテルの予約方法 スターウッドホテルの予約は毎回直接公式スマートフォンアプリから予約しています。なぜなら、今年いっぱいは会員プログラム「スターウッドプリファードゲスト」で最高位のプラチナ会員なので、アメックスのファインホテルズ&リゾート(FHR)経由で予約するより公式サイトで予約した方がさまざまな特典が適用されてお得だからです。今回は運よくキャンペーン料金に乗っかれたこともあり、宿泊料金は税・サ込で1泊あたりおよそ8000タイバーツ=25,000円で泊まれました。1泊6万円くらいかかるセントレジス大阪の半額以下、随分とお得感があります。 空港からの移動(リムジン) 空港からホテルまでの移動は、バンコク・スワンナプーム国際空港の到着ロビーで手配したリムジンで移動しました。入国審査を済ませた後の到着ロビーエリアの目立つ場所に、AOTと書かれた青いカウンター(上の写真中央)で申し込めます。スタッフの方から、(もっとも料金の高い)ベンツを薦められましたが、地元のトヨタ車をチョイス。料金は片道コミコミで1350TBH(およそ4,500円)でした。クレジットカードで支払を済ませ、空港出口に用意されたリムジンに乗ってホテルへ向かいました。 道中では、先日お亡くなりになられたプミポン国王を偲ぶ看板がたくさん掲げられていました。タイ国民の感情に配慮して派手な服装や振る舞いは避けるべきです。 空港からおよそ40分でセントレジス・バンコクに到着しました。 ▲また、写真の通り、ホテルはBTS(高架鉄道)のラチャダムリ駅と直結しているため電車でのアクセスも至便です。中心地のサイアム駅まで1駅です。車両も綺麗だし、バンコクの街並みを眺めながら移動できるので観光客におすすめです。 チェックイン・ロビー 写真:セントレジスバンコク...
Continue Reading

セントレジスバンコク 朝食ビュッフェ 12階ヴィウ 2016年

タイ・バンコクの中心地にある高級ホテル、セントレジス・バンコクに宿泊した時に朝食で、12階にあるオールデイダイニングのヴィウを利用しました。 スターウッド・プリファードゲスト(SPG)のプラチナ会員は、特典として500スターポイント、キーホルダー、ヴィウでの朝食の中から1つを選択できるので、無料で朝食ビュッフェを利用できます。私も今回は朝食無料特典をチョイスしました。 この記事では、セントレジ・バンコクの朝食の様子を紹介します。 客室やイブニングカクテルの様子はこちらの記事をお読みください。 ・セントレジスバンコク 客室 グランドデラックスルーム 2016年 ・セントレジスバンコク イブニングカクテル 12階ドローイングルーム 2016年 朝食会場の様子 ヴィウは、ロビー階の12階チェックインカウンターの隣にあります。白と木目を基調としたモダンなインテリアで、清潔感があって素敵です。 ヴィウ セントレジスバンコク公式サイト 壁には絵画が飾られています。(確認した限り)店内には上の写真ぐらいの広さのエリアが4つあって壁やカーテンで仕切られています。 おしゃれな店内。 窓からは緑豊かなロイヤルバンコクスポーツクラブとその奥にある高層ビルを臨める素晴らしい眺望です。 テーブルセットは大理石風の白のダイニングテーブルに赤いランチョンマット。お花が添えられています。 料理の内容 1枚の写真では移りきらないほどたくさんの料理が用意されています。...
Continue Reading

セントレジスバンコク イブニングカクテル 12階ドローイングルーム 2016年

夕食前にお酒やオードブルが提供される高級ホテルでは定番サービスのイブニングカクテル。 タイバンコクの中心地にある高級ホテル、セントレジス・バンコクに宿泊した際には、12階にあるラウンジのドローイングルームでイブニングカクテルを利用しました。 一般向けには有料のプランですが、スターウッド・プリファードゲスト(SPG)の最高ランクであるプラチナ会員には無料で提供されています。 この記事では、セントレジス・バンコクのイブニングカクテルの様子について紹介します。 セントレジスバンコクの客室や朝食の様子は下の記事をお読みください。 ・セントレジスバンコク 客室 グランドデラックスルーム 2016年・セントレジスバンコク 朝食ビュッフェ 12階ヴィウ 2016年 セントレジス・バンコク ドローイングルームの内装 イブニングカクテルの会場のドローイングルームは、12階のエレベーターのすぐ目の前の場所にあります。写真は昼間に撮影したものです。写真の大きな鏡の設置された壁の奥のスペースには窓があり、緑豊かなロイヤルバンコクスポーツクラブが見渡せるのですが、イブニングカクテルの会場は窓のない手前側のスペースに限られています。 ドローイングルーム公式サイト セントレジスバンコク 通常はカフェスペースとして午前9時から深夜1時まで営業していて、コーヒーやお茶、アルコール等のドリンクと軽食がオーダーできます。14時から17時の時間帯は紅茶と一緒にスタンドに綺麗に盛りつけられたサンドウィッチやスコーン、ケーキが食べられる人気のアフタヌーンティが楽しめます。 イブニングカクテルのメニュー イブニングカクテルはビュッフェ形式ではありません。スナックやチーズなどのオードブルが盛られたプレートをスタッフがテーブルに運んでくれます(「プレート式」と呼んでます)。 ドリンクは、メニュー表の中から好きなものを選んでスタッフに注文します。ソフトドリンクもあります。 プレートの内容は、クラッカー、チーズ、セサミ、ハム、ピクルスの他に、比較的腹持ちの良いなにかが付いてきます(写真はお寿司です)。お酒のつまみがメインですが、残さず食べればお腹いっぱいです。...
Continue Reading

ハイアットリージェンシー大阪 無人のリージェンシークラブ 2016年

ハイアットリージェンシー大阪に宿泊した際に、26階のリージェンシークラブを利用しました。 リージェンシークラブはクラブフロア宿泊者限定のクラブラウンジで、7時~22時の間、紅茶・コーヒー・クッキーをセルフサービスで提供しています。 多くのハイアットリージェンシーではコンシェルジュスタッフが常駐して朝食やアフタヌーンティ、カクテルサービスを提供していますが、ハイアット大阪では運営会社が変更した頃から無人のラウンジとして開放されています。日本では唯一、世界でも珍しいスタッフ不在のリージェンシークラブです。利用者も少なく、静かで自習室のような使い方ができます。 事実上、クラブラウンジとしての機能はホテル内の他のレストランに移管されました。ティータイムのドリンクサービスやカクテルサービスは1階のロビー・ラウンジ、朝食は同じ1階ザ・カフェが提供しています。お間違いないようご注意ください。 26階なので眺望はとても良いです。 ホテル情報・宿泊予約 ホテル名:ハイアットリージェンシー大阪ホテルチェーン:ハイアットホテルアンドリゾーツ運営会社:GCP Hospitality Japan株式会社所在地:〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-13-11最寄り駅:ニュートラム南港ポートタウン線中ふ頭駅から徒歩約3分宿泊予約:ハイアットリージェンシー大阪 [一休.com]ホテル内レストラン予約:ハイアットリージェンシー大阪 [一休.comレストラン]

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 リージェンシーエグゼクティブスイート 2016年

今年初の沖縄。初日は国際通りから徒歩すぐにある、ハイアットリージェンシー那覇沖縄に泊まりました。昨年に続いて2度目の訪問です。 リージェンシーエグゼクティブスイート:リビングルーム 宿泊したのはエグゼクティブリージェンシースイート。広さは64平米でスイートルームとしては若干狭いですが、ハイアット那覇沖縄では1番広い客室です。入口を入るとリビングルーム、奥にベッドルーム。入口のすぐ横にはバスルーム(ウェットエリア)があり、リビング&ベッドルームどちらからもアクセスできる間取りです。 床は一面赤が基調のカーペット張り。ハイアット沖縄ではスタンダードルームのカーペットは青、デラックスタイプやスイートルームは赤のようです。開業してほぼ1年経ちますが家具は相変わらず綺麗なままです。 沖縄らしい装飾。棚の中にはミニバーがあります。 冷蔵庫には沖縄産のオリオンビールやさんぴん茶がありました。 最後にリビングルームの360度画像もご覧ください。 ハイアットリージェンシー那覇沖縄 – Spherical Image – RICOH THETA ベッドルーム ほとんどの客室は2台のベッドが寄せて並べてあるハリウッドツインタイプですが、こちらの部屋はセパレートでした。スタッフさん曰くセパレートされた客室は用意があるもののかなり少ないとのこと。 奥のガラス越しのスペースは洗面台エリアです。ベッドルームの360度画像もご覧ください。 ハイアットリージェンシー那覇沖縄 – Spherical Image –...
Continue Reading
1 2 3 51